薬と健康についての高度な研究に支えられた教育により、有為な薬学の専門職業人を育成し、それらを通じて社会に貢献する。

国际足球_欧洲冠军联赛-博豪联盟教育

薬学科(6年制)

教育研究上の目的(学則第4条)

薬学科は、薬学分野における最新の学理と技術を教授研究し、臨床に係る高度な知識?技能、実践的能力及び研究能力並びに豊かな人間性と高い倫理観を身に付けた優れた薬剤師として求められる資質を有する医療従事者、研究者及び技術者を育成することを目的とする。

course_05.jpg
course_04.jpg
course_object_01.jpg

平成29年度入学生から、社会が求める薬学教育に積極的に応えていくために、他大学にはない独自の研究に力を入れた「新6年制」を実施しています。

従前は薬学科と薬科学科の2学科を設置し、それぞれ特色のある教育?研究を進めてまいりましたが、平成30年度入学の薬科学科学生から、特例的な国家試験受験資格取得の制度が廃止されることとなりました。そこで、これらに対応する措置として、全国の17の薬学系の国公立大学としてははじめて、平成29年度入学生から薬科学科を停止し、すべての学生が薬剤師の国家試験を受験することができる薬学科1学科としました。

この新しい薬学科には、「医療薬学コース」と「創薬育薬コース」の2つのコースを新設し、「医療薬学コース」においては、従前の「薬学科」が目指していた「安全で確実な薬物療法を提供できる薬剤師」及び「地域や社会のニーズに向き合い、健康で質の高い社会を築くことに貢献できる薬剤師」の育成を、また、「創薬育薬コース」においては、薬剤師の資格を持って従前の「薬科学科」が目指していた「医薬品の研究、開発の中核となる研究者や技術者」、具体的には、医薬品の専門的な研究はもとより、医薬品開発をデザインしたり、医薬品の規制や流通のあり方、グローバル展開など経営的戦略を考えたりする、ダイナミックな高度の薬学専門知識を併せ持つ人材の育成を図ることとし、3回生後期からそれぞれのコースの研究室に所属し、教育?研究をする体制としました。

このような本学独自の二つのコース選択により、主に病院や薬局での臨床業務(高度医療、地域医療等)、国や地方の薬事および衛生行政の各分野で活躍できる人材(医療薬学コース)と、主に製薬企業や化学?食品?化粧品企業の研究、生産?技術、学術、営業の各分野で活躍できる人材(創薬育薬コース)の養成を行います。

大学院教育

course_03.jpg

薬と健康に関する高度で先進的な研究により薬学の発展に貢献するとともに、それに支えられた教育を通して、自立して創造的研究活動を遂行するために必要な研究能力、その基礎となる豊かな学識、常に人と環境への配慮を怠らない優れた人格を身につけた、将来、薬学の専門職及び研究者として指導的役割と担う人材を育成することを目的としています。

現在、我が国の薬学教育?研究を支える人材が大幅に不足しており、薬学を修得して大学や企業の教育?研究職、医療機関や行政機関の管理職として活躍できる人材が、社会から強く求められています。本学では、大学院博士課程に進学する学生に対して、チャレンジ奨学金やRA(リサーチアシスタント)制度などによる経済的な支援を行い、大学院進学を奨励しています。

研究内容等詳細は上記の各専攻のページを参照してください。

library_books連合/連携大学院


お問合せ先

岐阜薬科大学 教務厚生課

〒501-1196 岐阜市大学西1丁目25番地4
TEL:phone(058)230-8100 FAX:print(058)230-8200
e-mail: