人体はキラルな分子であるアミノ酸や糖などにより構成されていることから、多くの医薬品にはキラルな分子であるアミノ酸が含まれています。このため、医薬品開発においてアミノ酸誘導体の合成法開発が重要です。一方で、アミドの窒素原子にアルキンが結合したイナミドという分子は、様々な分子の合成に用いることができるため、近年注目を集めています。そこで、アミノ酸の窒素原子にアルキンが結合したアミノ酸由来イナミドを合成することができれば、アミノ酸を用いる医薬品合成の可能性がグンと広がると考えられます。しかしながら、アミノ酸由来イナミドは合成が難しいことが知られていました。

 本研究では、高い反応性を有する超原子価ヨウ素反応剤と銅触媒を組み合わせて用いることにより、アミノ酸由来イナミドを合成することに成功しました(図1)。この反応により、様々な置換基を持つアミノ酸由来イナミドの合成が可能になりました。

画像1.jpg


 アミノ酸由来イナミドは様々な反応に適用可能であり、新規キラル分子を合成することができました(図2)。この方法により、これまで合成困難であったアミノ酸由来キラル分子の合成が可能となり、医薬品や農薬の開発に寄与できると考えられます。

画像2.jpg


 本研究成果は、岐阜薬科大学 合成薬品製造学研究室の大学院国际足球_欧洲冠军联赛-博豪联盟課程学生 髙井 亮吾、新保 大輔、多田 教浩 講師、伊藤 彰近 教授らによりアメリカ化学会誌「 The Journal of Organic Chemistry」に公開されました。


本研究成果のポイント

- 高い反応性を有する超原子価ヨウ素反応剤と銅触媒を組み合わせて用いることで、これまで合成困難とされていたアミノ酸由来イナミドの合成を達成しました。

- 合成したアミノ酸由来イナミドを用いることで、多彩なアミノ酸誘導体の合成が可能になり、医薬品や農薬などのキラル分子合成への応用が期待されます。

論文情報

  • 雑誌名The Journal of Organic Chemistry
  • 論文名Ligand-Enabled Copper-Catalyzed N-Alkynylation of Sulfonamide with Alkynyl Benziodoxolone: Synthesis of Amino Acid-Derived Ynamide
  • 著者Ryogo Takai, Daisuke Shimbo, Norihiro Tada,* and Akichika Itoh*
  • DOI番号org/10.1021/acs.joc.1c00101

研究室HP

https://www.gifu-pu.ac.jp/lab/gousei/